HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sublime Cadaveric Decomposition-Sublime Cadaveric Decomposition
アーティスト名:Sublime Cadaveric Decomposition
アルバム名:Sublime Cadaveric Decomposition
ジャンル:ゴアグラインド
出身国:フランス


個人的満足度…★★★★

Member
SEB (Vo/Logo/Cover Art)
BRUNO (G/Vo)
TRISTAN (G/Vo)
YOB (Dr)

Tracks
1.Scd01 (1:52)
2.Scd02 (0:53)
3.Scd03 (1:46)
4.Scd04 (1:11)
5.Scd05 (1:40)
6.Scd06 (1:40)
7.Scd07 (1:32)
8.Scd08 (1:45)
9.Scd09 (1:10)
10.Scd10 (1:01)
11.Scd11 (1:49)
12.Scd12 (2:03)
13.Scd13 (0:57)
14.Scd14 (1:46)
15.Scd15 (1:07)
16.Scd16 (1:37)
17.Scd17 (1:10)
18.Scd18 (1:40)
19.Scd19 (1:20)
20.Scd20 (1:58)
21.Scd21 (1:20)

Comments
フレンチゴア、サブライム・キャダヴェリック・ディコンポジションの1st。
個人的にフランスにはメタルの印象どころかゴアなど存在しないと勝手に思っていたのだが、このSCD、カーカスのキャッチを借りるなら完全に「フランスの残虐王」である。まぁこのネクロフィリア的アートワークを見れば間違い無いのだが。

たとえサブライムと名がつこうがヨコノリなど皆無。1曲目から21曲目までひたすらブラストビートの嵐でSEも無しで血を吐きながら暴走しまくり、しかしながらゴアにありがちなローファイでスネアのスコスコ音では無くどこまでも低音重視なので耳に優しく(そうか?)心地よい。展開の少なさとブラスト一辺倒なとこ、おまけに曲の短さをとるとほぼグラインドコアなのだが、下げまくったギターと言い曲全体を取り巻く重低音なグルーヴがブルータリティを際立たせていてカッチョイイ。
崩壊的なサウンドに拍車をかけているのがトリオ編成のヴォーカル群。メインは低音ガテラル&中音吸込みガテラルでサブが白目をむいたようなスクリーム、メインもサブもどれもキショイ!笑 それが3重になってりゃそりゃエグさ3乗っすわ。

とまぁ、全曲「ズガガガガガガーーー!バッキンバッキン!フォグ!フォグ!フォグォォォォ」なので1曲ずつのレヴューは無し。しかもタイトル名も無いしね。itunesでインポートしたら勝手にこんなタイトルになっていたのでそのままスルー。

音質は非常にいいです、割れもコモリも無いので問題ナス。低音のレンジの広いオーディオで聴けばなおさら病的なブツブツができそうでGOOD。
しかしながらどこまでもベッキョベキョなのでドライブ中に爆音で流すと職質の恐れがあるので避けたほうがいいでしょう。

ディスゴージやLDHと比較するとゴア本気度で若干劣ってる感は否めないがハイファイな音質でスピーディ且つグライディングなゴアを聴きたい人にはマストアイテムかと。フランスの残虐王。恐るべし。

Recommend
18.Scd18 (1:40)
どの曲も好きだけどね、出だしのヴォォォォォ!が印象に残ったのさ。


Youtube
無さそうな割にあったけど映像ヘチョかったのでパス。


(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。