HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mortician-Re-Animated Dead Fleshアーティスト名:Mortician
アルバム名:Re-Animated Dead Flesh
ジャンル:ゴアグラインド/ブルータルデス
出身国:アメリカ


個人的満足度…★★★★



Member
WILL RAHMER (Vo/B)
ROGER j.BEAUJARD (G/Dr-Programming)

Tracks
1.Werewolves Curse (3:06)
2.Burned Alive (0:46)
3.Bludgeoned (1:10)
4.Merauding Savages (2:08)
5.Skinned (0:55)
6.Human Beasts (1:58)
7.Bloodsoaked Carnage (0:48)
8.Unseen Force Of Death (3:34)
9.Torn Apart (0:46)
10.Axe (2:21)
11.Punishment (2:14)
12.ReAnimated Dead Flesh (2:35)
13.Buzzards (0:55)
14.Madman Marz (1:41)
15.Return To The Grave (2:22)
16.Dismembered (0:55)
17.The Dead Pit (2:00)
18.Crazed For Blood (0:48)
19.Slugs (1:28)
20.Claws Of Death (1:02)
21.Mass Destruction (1:26)
22.Be My Victim (3:52)

Comments
アメリカはニューヨーク出身、クリスチャンデスで有名なモーティシャンの5th。
ジャケはバイオハザードを思わせるようなゾンビ達を研究する教授の変な趣味っぽいが絵が妙にハイクオリティなんで怖さもエグさも感じない。嫌いじゃないけどね。
音はやたらとグチャグチャ感のするSEをイントロ部分に配し、後半はバカの一つ覚えのように怒涛の打ち込みドラムが疾走するという単純明快なモノ。しかしながら打ち込みを感じさせないようなかなり出来のいいドラム音と超低音グロウルがブルータリティを増幅させており完成度は結構高く秀逸。

映画の1シーンを切り取ったかのようなSEで結局3人ぐらい犬?狼?に喰われます。1分40秒から更なる残虐音のオンパレードで悶絶必至。単純な低音リフを繰り返すギターとブラストが好きモノにはたまらない良質ゴア。
2曲目と3曲目はSE無し。4曲目で再びSEアリ、今度は犬とかよりもデカイです。(きっとね。)そのあとは相変わらずの狂気サウンド。

えーっと、そのあともフィニッシャーの22曲目までSEアリだったりナシだったりでもそれ以外は変化無しの怒涛の連打でごんす。とにかく、キャーキャーの後にはゴヴォゴヴォでこの1枚を通して聴いた夜はお茶漬けかなんかでサッパリと1日を終えたいもんです。
っつーのはコッチ界隈では完全に褒め言葉ではあるし、音質のハイファイなことといったらこの上無く欠点らしい欠点はほとんど見当たりません。曲も短いし。ただちょっとSEが1分過ぎる場合は若干早送りしたくなるかもですがね。
ゴア好きならシャーナシってもんでしょう。

ガテラルVoじゃない分、ブルデスファンのほうがハマりやすそうですが、単調なとこも含めやっぱゴアである。
打ち込み嫌いのオイラも全く気にならないぐらいの出来なのでゴア/ブルデス双方にオススメできる秀逸な作品ですな。


Recommend
1.Werewolves Curse (3:06)
ぎゃぁぁぁぁ!ドドドドドドドド!…グォヴォグォヴォ。
が好きならとにかく聴いとけ。


Youtube
19.Slugs

ぬほーカッチョええ★


(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。