HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gamma Ray-Heading For Tomorrowアーティスト名:Gamma Ray
アルバム名:Heading For Tomorrow
ジャンル:メロディックパワーメタル
出身国:ドイツ


個人的満足度…★★★☆☆


Member
KAI HANSEN (Vo/G)
RALF SCHEEPERS (Vo)
UWE WESSEL (B)
MATHIAS BURCHARDT (Dr)

Tracks
1.Welcome (0:57)
2.Lust For Life (5:19)
3.Heaven Can Wait (4:29)
4.Space Eater (4:35)
5.Money (3:39)
6.The Silence (6:24)
7.Hold Your Ground (4:50)
8.Free Time (4:59)
9.Heading For Tomorrow (14:32)
10.Look At Yourself (4:45)
11.Mr. Outlaw (4:11)

Comments
ハロウィンを脱退したカイ・ハンセンが新たに始めたガンマ・レイの1st。
この度めでたくリマスター化されたので便乗して買ってみました。
・・・つーかジャケひどくないか?笑

旅の出発を思わせるような短めなインストを経てこのCDの総括のような2曲目へ突入、これぞメロパワと言わんばかりのギターメインのメロディックで力強い曲はハロウィン直系ですな。コーラスとともに盛り上がるサビはテンション上がるね。
アンドリュー兄貴のようなパーティHRな3曲目にミッドテンポな4曲目、コミカルで展開の変化がおもしろい5曲目と前半だけでキャッチーで耳に残るような曲がとにかく多い。
と思ったら一転して6曲目はしみじみ聴けるバラード。さすがと言わんばかりのコーラス隊も配してかなりメロディックでGOODな曲でござる。

終始キャッチーでラルフの甲高くも力強いヴォーカルはハロウィンの系譜を継ぐ流れもあるが、シンフォな要素は全く無いんでかなりタイトな印象をうけたし、泣きはあるけど長続きしないギターソロなんかも含めてHRな1枚とも言えそうだ。

あと気になるのは全体的な音量の低さかな。軒並み90db前半なので他のCDに比べて完全に迫力負けしている感が否めない。オリジナルならまだしもリマスタしたならそのへんの気遣いはしてほしかった、いい楽曲が並んでいるだけに非常に惜しい。
どっちにしてもこのジャケじゃ知らん人間は手に取らないだろうなぁ。

Recommend
2.Lust For Life (5:19)
この疾走感はカッチョヨス。

Youtube
3.Heaven Can Wait

リアルタイムで見てたら泣いてただろうね。


(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。