HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Decapitated-Organic Hallucinosisアルバム名:Organic Hallucinosis
ジャンル:ブルータルデス/テクニカルデス
出身国:ポーランド


個人的満足度…★★★★


Member
CAVAN (Vo)
VOGG (G)
MARTIN (B)
WITEK (Dr)

Tracks
1.A Poem About An Old Prison Man (4:40)
2.Day 69 (3:12)
3.Revelation Of Existence(The Trip) (4:38)
4.Post(?)Organic (5:44)
5.Visual Delusion (5:53)
6.Flash-B(l)ack (3:40)
7.Invisible Control (4:52)
8.Nihility(Anti-Human Manifesto) (4:29)
9.Spheres Of Madness (4:39)

Comments
ポーランド産ブルータル/テクニカルデスメタラー、ディキャピティティッドの3rd。
ジャケがなんかよくわかんないけど、気分のいいものではないですね。デスラッシュとかにあり気です。
今作でヴォーカルが代わっちゃっております。

イントロからバスドラ連打&ブラストの応酬で殺気立った感は相変わらずの1曲目。過去作に比べ遥かにクオリティの上がった音質、張り出し量の増したギター音、音響環境的には全作品中イチな質。
2曲目だって破壊力はさすが。バッキバキに鳴り響くブラストはブラストファンにはたまらんでしょう。
8,9曲目はライヴ版。
猪突猛進だった1stに比べると緩急をつけ「大人なブルデス」な印象を受ける節が随所にある今作。ディキャピ特有の不可解なリズムと過去作を超えるスラッシュ低音リフが独特な血みどろ絵巻となっており、全曲通して1曲1曲の破壊力は凄まじく耳を劈くような楽曲群は若手と言えども、そのセンスの高さは圧巻ですな。飽和状態の界隈の中でもグイグイ耳にアピールしてきます。

しかしながら、今作からヴォーカルを務めたキャリバン氏のグロウルが、どう考えたって前任に追いついていない感が否めない。っつーか2ndまで好きだった人でも今作でディキャピ離れを起こす危険性も考えられるほど、その差は歴然なのだ。まぁ確かに十分低い部類なのだろうが、前任の持つ嘔吐しているかのブルータリティ、アレに萌えたブルデサーは少なくないはず。
個人的にも衝撃を受けたバンドなだけに、この変更はショックだったりした。。。

ヴォーカル変更を度外視するほどの激烈音・超技巧が目白押しなので、これはこれでブルデス・テクデス好きは問答無用でハマるでしょうが、いちお今までのディキャピとは違うってことをお忘れなく。

Recommend
2.Day 69 (3:12)
それでも嫌いになれないのは曲構成のすばらしさだと思う。


Youtube
2.Day 69

やべー。やっぱカッチョええ!


(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。