HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brain Drill-Quantum Catastropheアーティスト名:Brain Drill
アルバム名:Quantum Catastrophe
ジャンル:テクニカルデス
出身国:アメリカ


個人的満足度…★★★★



Member
STEVE RATHJEN (Vo)
DYLAN RUSKIN (G)
IVAN MUNGUIA (B)
RON CASEY (Dr)

Tracks
1.Obliteration Untold (3:47)
2.Beyond Bludgeoned (4:17)
3.Awaiting Imminent Destruction (2:51)
4.Nemesis Of Neglect (4:29)
5.Entity Of Extinction (3:46)
6.Mercy To None (3:15)
7.Monumental Failure (3:26)
8.Quantum Catastrophe (16:04)

Comments
ブレインドリル待望の2010年リリースの2nd。
個人的に衝撃を受けまくった1st「Apocalyptic Feasting」から2年という歳月の間にベーシストとドラムが変更になってしまっている。

1stの超強烈なドラミングはもう聴けないのかと、思いきや1曲目から結構な速さでロールしてます、手数もかなり多いし、それこそ前任のMARCO氏の尋常じゃない速さほどでは無いのだが、これはこれで激速級ですぜ。安心ください。
そして2曲目も同様、激烈なドラミングとスウィープしまくるギターワークによる超疾走感、それでいて叙情なメロディ、文句無し。
4曲目の1分あたりはもう意味不明。笑

全体的には、インスト染みた構成は相変わらずだが、ギターのソロパートの長さが若干減ったようにも思えるかな、配置こそしっかり配しているんで1曲のどこかで必ず聴ける安定感はあるものの、1stほどのネオクラなメロはさほど感じなかったし、なんだかんだ言ってもドラミングの衝撃は1stのほうがやはりスゴイ。しかしながら前作ではスクリームとグロウルを使い分けていたヴォーカルはスクリーム:グロウルが1:9になっているので、テクニカルながら結構ブルデス寄りな印象も受けた。そういう意味では前作と甲乙つけがたい出来映えではある。

まぁメンバーが代わっていても、1stとやってることは一緒なんで、結局7曲までは全く問題無く、テクニカルデスの極北にひれ伏すことになるでしょう。
ラストを飾る8曲目は16分を超える超大作。10分45秒あたりまで、ほんとに人間が演奏しているのかと思えるほど、超絶な技巧を長時間聴くことができる。6分ぐらいで飽きてきたりするが、そこそこメロディックな節もあって、意外にも聴くことができる。でものこり5分弱は無音という、理解しがたいことにはなってるんで、ご注意を。

ひとまず、メンバー変更があったが、変更感じさせないくらい相変わらずな仕上がりなので、1stが好きなら文句無しでハマるだろう。まぁ8曲目の無音を考えると1stを持っているだけでも十分かとも思うけどね。
とにかくテクデスが好きでブレインドリルを聴かないテは無いので1stか2ndどちらかはマストでしょう!オススメ!


Recommend
4.Nemesis Of Neglect (4:29)
2曲目と迷うとこだが、人間業を超えてる感はこっちんが上。

Youtube
2.Beyond Bludgeoned

人間やれば出来るんだな。ってコレ見て思った。笑

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。