HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cattle Decapitation-Karma.Bloody.Karmaアーティスト名:Cattle Decapitation
アルバム名:Karma.Bloody.Karma
ジャンル:ブルータルデス
出身国:アメリカ

評価…★★★★


Comments
アメリカはカルフォルニア州サンディエゴ出身、キャトル・ディキャピテイション2006年リリースの5th。
元ロカストのメンバーが在籍していたことで有名らしく、ロカストのパワーバイオレンスなやり口からジャンルはデスグラインドとのことなのだが、そもそもロカストを聴いた事がないので、聴いた感じから勝手にブルデスに分類しとこうと思います。
初期ではゴアだったみたいなので、そちらも気になるところ。

ダーケストなインストのを介して、ブラッキッシュブルデスな2曲目。主に低音リフがボンボンと鳴るものの意外にも高音も使い分けており、テクニカルデスに通ずる印象も受ける。
それでいて何か喋っているのが分かるレベルのグロウルと時折ガテラルも聴けるところなんか、ゴアの血筋もちゃんと感じられ好印象ですな。
そのあたりは3~5曲目でも感じる事ができます。
6曲目は狂った出だしからして、完全なグラインドを思わせるが、中盤でなんか気色悪いSEが聴こえてきます。

9曲目は今作で最もメロディの輪郭がハッキリしたサタニックデスな1曲。
まぁこの曲に限らず、ディヴァウアメントやインターナル・サファリングのようなバンドに比べるとメロディは多い方で、複雑な展開が多いが、意外と聞きやすかったりするのである。
とは言え、メロディックなんちゃらと形容できるほどでは無く、全体的に感じられる流血感がブルータリティに拍車をかけており、基本的にドロドロボコボコ祭りなのでピュアグラインドやオールドスクールデスが聞けるからと言って受け入れれるものでもないのでご注意を。

曲調からサタニズムに傾倒していると思いきや、彼らの発するメッセージは動物虐待や環境破壊に対するアンチテーゼがメインとなっていて、そのへんはグラインドコア寄りなのかもしれない。
ジャケがヤギさんではなくウシさんってとこでもなんとなく納得できるかな。笑

兎にも角にも完成度は高くグラインドと名がついてもブルデスが好きなら四の五の言わず買っときましょう。オススメ。

Tracks
1.Intro (0:19) 
2.Unintelligent Design (3:37) オススメ!
3.Success Is...(Hanging By The Neck) (3:34)

4.One Thousand Times Decapitation (1:04)
5.The Carcass Derrick (3:44)
6.Total Gore? (3:11) オススメ!

7.Bereavement (1:44)
8.Suspended In Coprolite (4:21)
9.Alone At The Landfill (7:37)
10.Karma.Bloody.Karma (3:06)
11.The New Dawn (5:13)
12.OF Human Pride & Flatulene (3:14)
13.Worlds Full Of Idiots (2:22)




(✿´∀`✿)ノ テルマ!アオヤマ!テルマ!

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。