HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ancient Bards-The Alliance Of The Kingsアーティスト名:Ancient Bards
アルバム名:The Alliance Of The Kings
ジャンル:シンフォニックパワーメタル
出身国:イタリア

評価…★★★★★



Comments
イタリア出身、女性ヴォーカル有するシンフォニックエピックパワーメタラー、エインシェイント・バーズのデビュー作。
日本版のみ11曲目がボーナストラックとして収録されてます。

1曲目はお約束のインスト。
これから始まる戦いの幕開けを感じさせてくれます。
そしてキラーチューンの2曲目へ。
キーボードのキラキラ具合、力強いメロディライン、そしてサラ(vo)の伸びやかな高音美ヴォイスがかなりエリサのいたころの初期ダーク・ムーアを彷彿させます。サビの耳に残りやすいキャッチーさがとにかくツボる。
前曲のテンションをキープしつつヴァイキング調の猛々しい3曲目、疾走感溢れつつファンタジックに展開する4曲目、シンフォアレンジが秀逸でサビのコーラスとの掛け合いがGOODな5曲目と、ここまでの流れは完璧ですな。
6曲目もリスナーの要望を心得ているかのようなタイミングでエピックなインスト。
前半の総括とも言えるバラードライクな7曲目。
3分半あたりからギターのギュイーンという旋律から曲調が一遍し、これでもか!と弾きまくる。
もうね、こうゆう展開がステキ過ぎるんですわ。

8、9曲目でも文句のつけようの無いシンフォパワが聴けるし、ここまで聴けば8分を超える10曲目もノンストレスでノれます。

ダーク・ムーアに、より一層のシンフォアレンジを加え、クエストチックに仕上げたような全曲は、1曲の中に幻想と疾走が入り乱れる捨て曲の無い傑作だと言えるでしょう。
正直なところサラのヴォーカルはエリサほどの力強さは感じられないのですが、どことなくノー・ダウト時代のグウェンちゃんのように妖艶でありつつも乙女のかわいらしさも持ち合わせており、それが曲のクドさを中和している、いやいや、ほんと癖になる声でありますよ。
まぁ、声とは裏腹に意外とパワフルな外見ではありますが。笑

ボーナストラックの11曲目はフェイ・ウォンのあのFFの曲のカバーです。
オリジナルに忠実なので非メタルですが、アルバム1枚通して戦ってきたエンドロールとしてはこれ以上ない1曲でしょう。個人的にも好きな曲だし、FFやってるし、文句の付けようはナス。

そんなこんなで今年最初の星5つは意外にもシンフォパワでしたね。完敗です。
初期ダーク・ムーアやシンフォアレンジの多いメロパワなんかが好きなら聴かない手は無いでしょう。


Tracks
1.Prelude (1:55) 
2.The Birth Of Evil (5:31) Recommend!

3.Four Magic Elements (4:59)
4.Only The Brave (6:15)
5.Frozen Mind (7:24)
6.Nightfall In Icy Forest (1:17)
7.Lode Al Padre (6:27) Recommend!
8.Daltor The Dragonhunter (8:43)
9.Farewell My Hero (6:52)
10.Faithful To Destiny (8:46)
11.Eyes On Me (Acoustic Version) (Faye Wong Cover) (5:08) Recommend!



(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。