HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raging_Speedhorn-We_Will_Be_Dead_Tomorrowアーティスト名:Raging Speedhorn
アルバム名:We Will Be Dead Tomorrow
ジャンル:モダンヘヴィネス/メタリックハードコア
出身国:イギリス

評価…★★☆☆☆



Comments
UK産モダンヘヴィ/ラウドロックバンド、レイジング・スピードホーン2002年の2nd。
やや、ラップ調に吐き捨てるようなツインヴォーカルが有名?とのこと。

#1の冒頭からいきなりのスクリームでとにかく喧しく吠えます。
#2も喧しいです。
つーか、ずっと喧しいのですよ。

とにかくヴォーカルのインパクトは確かにある程度名を上げるほどのインパクトは感じられますが、肝心のサウンドはと言うと、ソウルフライを思わせるようなグルーヴィなリフやKORNを彷彿させる深くストンプするようなズシンズシンとした低音重視で、一体これのどこがスピードホーンなのか分かりません。
#5ではニュースクールHCのように非常に聴き易いし、メタリックなリフもどこかしらで聴けますが、飛び跳ねてノるようなサウンドはもはやメタルじゃ無いです。全曲通して完全なるメタリックハードコアと言えるでしょう。

おまけに、#7ではノイズがイヤホンで聴いたときには苦痛以外の何物でもないし、#12は4分前ぐらい以降10分間は無音という奇行。
#13は録音中の会話を録音したような駄音で、さほど色の無い前半を乗り越えたと思えば後半にはもう聴く気を削がれるような無駄なデティールが多く、1枚聴き終わる頃には「やっと終わった・・」という脱力感を覚えたりしました。

別に嫌いなサウンドでは無いですが、モダンヘヴィネス/メタリックHC勢は個人的にも聞き飽きるほど聴いてきただけに、特徴が無い感じが否めないですね。どうやらライヴ等々では結構暴れん坊らしく、いろいろ迷惑かけてるみたいなのでその発散具合を音に乗せて暴走してくれればありがたいんですが。

スリップノットや、KORNあたりが好きなら聴いといて損は無いのかもしれない。
まぁ、ここを聴くならヴィジョン・オブ・ディスオーダーの方を推したくなりますね。

Tracks
1.The Hate Song (1:51)
2.Scrapin' The Resin (3:57)
3.Me And You Man (3:00)
4.Scaramanga (4:15)
5.Chronic Youth (2:47)
6.Iron Cobra (3:05)
7.Heartbreaker (4:29)
8.Fuck The Voodooman (2:12)

9.Spitting Blood (4:28)
10.Welcome To Shitsville (2:52)
11.Ride With The Devil (8:56)
12.My War (13:50)
13.Hidden Track (2:24)

懐かしいのは懐かしいけどね。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。