HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Malignancy-Cross_Species_Transmutationアーティスト名:Malignancy
アルバム名:Cross Species Transmutation
ジャンル:ブルータルデス
出身国:アメリカ

評価…★★★★★



Comments
アメリカ産ブルデス、マリグナンシー2003年リリースの2nd。
全く読ませる気が無いバンドロゴ、そんなとこに書いてあったのかと思わせるアルバムタイトル。
なんで豚?と疑問点は多いもののアートワーク的には最高な出来でこれだけで購買意欲は増しますな。

音楽性は、もはやブルデスと聞いて想像出来うる限りのサウンドで、ひたすらのたうちまわる低音リフとボコボコに詰め込まれたブラストビートと爆撃のようなバスドラ連打。
そして、何を言っているか分からないというか、完全に何を言っているか伝えたくないようなわざとらしささえ感じさせる超重低音グロウル。そして、随所で聴けるビートダウンも溢れんばかりのブルータリティを増幅させるし、非の打ち所が無いとはまさにこのこと。
ディヴァウアメントやモーティシャンに酷似してはいるが、不可解なリズムと狂ったようなスイープを張り巡らせる様は前述のバンドよりは多めで、テクニカルデスをブルデスのバスタブに付け込んだような、常人どころかサルすら近寄らない極度の酸味と苦味の見事なマッチングが特徴です。

アートワークにあるようなブタさんやワンコが何やらパニックになっているSEからが1分もある#1。まぁむしろそのSEのほうがかわいく感じられてしまうズッルズルなブルデスが血の惨劇を演出します。
ひしゃげた諧謔音に塗れる#2、ミッド~スローパートで聴き手を捻り潰しにかかる#6というか全曲でファスト~スローまでのテンポチェンジを繰り返し、そのどちらでもブルデスの真髄を感じることのできる佳曲が並んでます。

その分、どの曲がどうって聴き分けるのは非常に困難なのですが、ここまでやってもらうとそれすらもほっこりと笑みが浮かんできてしまうような、強烈な仕上がりに、ブルデス好きなら納得の出来なのではないでしょうか。

それでいて、テクニカルで複雑。
聴かせる気など微塵も無し。

ディヴァウアメントとインターナル・サファリングの相の子みたいな感じなので、その辺が好きな人間にはたまらない神盤と言えるでしょう。
素晴らしい!

Tracks
1.Virulent Contagion (2:40) 
2.Cross Species Transmutation (2:09)オススメ!

3.Fibroid Embolism (2:17)
4.Postmortem Perception (1:48)
5.Congenital Decadence (2:04)
6.Mortality Weakness (3:09)オススメ!
7.Ovarian Incubation (2:32)


動画も最高なので是非ご覧を。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。