HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visceral_Grinder-Gore_Cannibalアーティスト名:Visceral Grinder
アルバム名:Gore Cannibal
ジャンル:ゴアグラインド
出身国:メキシコ

評価…★★★☆☆




Comments
メヒコゴア、ヴィセラル・グラインダーの1st。相変わらずメキシコばっかですね。
そろそろ国をあげてイメージを払拭しないと、臓物垂れ流しな国と呼ばれる日もそう遠くないかもしれません。

サウンド的には導入部にクソエゲツないSEを配し、脈略無くズルズルゴボゴボとした汚物を垂れ流しながら疾走する鬼畜サウンド。
時折、ブルデスのような聴き手を捻り潰しにかかるような遅重な節を聴く事ができるが、全体的にローファイでモノラルなサウンドプロダクションのせいで、そこまでの畳み掛けるような勢いは感じられないのが残念なところ。
それに病的な低さで歌い上げるグロウルも基本的には埋れてしまっているので、低音重視なスピーカー等を用いないと本来の重くグロいテイストは感じにくいかもしれないです。

意外にもシリアスで壮大な盛り上がりを見せるSEから開始する#1、結局のところ取りとめの無い発狂サウンドに豹変する。
他にも、スラッシュリフなイントロが印象的な#3、終始ベース音が主張しまくり歪みまくりな#4、SEがリアル過ぎて聴く気が失せる#5、地獄の底から這い上がってきたかのようなガテラルヴォイスが強烈な#7、とそこそこ曲展開を意識したような曲構成で、SEの質や暴走と遅重を使い分ける様は、メンバー写真からは考えられないようなセンスも感じたりはするのだが、ひたすら低音質が影響してか、全体的にやや迫力に欠けている感が否めない。

まぁ、露骨にカンニバルなジャケ然り、死体と風呂に浸かるメンバー写真然り、単純明快なタイトル然り、
「音楽なんてグチョグチョ鳴らしてゴボゴボ歌えばいいんでしょ?」
とマジで言ってそうなタイプの人達なのでしょうから、音質は求めないほうが無難なのかもしれませんね。

音質を除けばゴアとしては傑作?なのかも。
初期デッド・インフェクションなんかが好きな人や強烈な残虐ゴアを欲する人にオススメです。

Tracks
1.Total Carnage (4:05) オススメ!
2.Fucked And Cannibalized (4:02)
3.Swallowing And Sodomizing Rotten Corpses (3:45)
4.Devoured By A Red Sarna (2:26)
5.Erotic Cannibalism Pedophilia (3:09)
6.Visceral Grinder (4:13)
7.Cannibalishymn (5:18)
8.Barbed Wire Anal Sex (2:40)
9.Human Barbecue (4:09)
10.Gore Cannibal (5:56)



(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。