HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/04
Orden Ogan / Vale

Orden_Ogan-Valeアーティスト名:Orden Ogan
アルバム名:Vale
ジャンル:シンフォニック/メロディックパワーメタル
出身国:ドイツ

評価…★★☆☆☆




Comments
ジャーマンメロパワ、オルデン・オーガン2008年リリースの2nd。のセルフリメイクを含む2011年リリースのリマスタ盤。
なんだ、新譜じゃないのか。

というか「新譜じゃなくて安心した」というのが本音で、実際のところアノ3rdを聴いて感銘を受けたあらゆるツボポイントはこの時点では聴くことができません。
メロディだけなら相変わらずクッサクサなメロを壮大に繰り出す様は今後に継続されてはいるものの、肝心の疾走感が皆無なので、単なるメロディックメタルの範疇を抜け出てはいませんな。

#2はプログレッシヴなイントロから始まる今作の中では1番早い曲。まぁ大して早くは無いが、サビにはクワイアも用いて神秘的な印象を受ける。
#3はメロディアスハードのようなクッサいメロディが印象的。
#4は聴いたことあると思ったら次作のライヴヴァージョンのアレです。

と、#1~#13が本編で、リマスタボーナスは#14~#17。
個人的には#14のパイレーツのフォークヴァージョンが一番ツボりました。

ということで、ブラインド・ガーディアンの二番煎じ的な感じで全編まったりとしっかりとメロディを押し付けてくるので、クサメロ好きならそこそこハマれるかと思いますが、ブラガのそれほど重厚感も無ければ、緻密に練り上げられたクエストチックなとこもまだまだな感じが否めませんでしたね。

次作へ続くと意味ではボナトラの意味もある程度はありますが、オルデン・オーガン未聴の方には3rdを強く推します。
メロパワのパワーの部分が男臭くてイヤなんだよ!って方は聴いといても損はしないかもしれません。

Tracks
1.Graves Bay (1:17)
2.To New Shores Of Sadness (6:14)
3.Winds Of Vale (3:27)
4.Farewell (3:51)
5.Reality Lost (6:52)
6.This Is (3:09)
7.This Was (0:27)
8.Something Pretending (5:30)
9.The Lords Of The Flies (3:59)

10.... And If You Do Right (4:03)
11.What I'm Recalling (4:00)
12.A Friend Of Mine (3:41)
13.The Candle Lights (5:13)
14.We Are Pirates! (Folk Version) (4:21) オススメ!
15.Winds Of Vale (Demo) (3:32)
16.Welcome Liberty (Orchestral Version) (5:41)
17.The Yearning Remains (8:59)


まぁ進化してるってことで◎

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。