HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One_Man_Army_And_The_Undead_Quartet-Error_In_Evolutionアーティスト名:One Man Army And The Undead Quartet
アルバム名:Error In Evolution
ジャンル:デスラッシュ
出身国:スウェーデン

評価…★★★☆☆



Comments
スウェデッシュデスラッシャー、One Man Army And The Undead Quartet2007年リリースの2nd。
言うまでも無くバンド名が長いです。頭文字だけとってもOMAATUQ、おまーてぅく?とでも読んでやりましょうかね。

ただ内容はオイラの中で勝手にもっている「バンド名が長いやつらは意外と大した事無い」という意味不明なジンクスを打ち破ってくれる強力な仕上がりで、北欧の寒々とした叙情リフとジャギジャギと刻むタイトなスラッシュリフを交互に織り交ぜるデスラッシュスタンダードとも言えそうなデスラッシュサウンドと、Machine Headを彷彿させるような殺気立ったグルーヴ感
を兼ね揃えたモダンデスラッシュ。
低音スクリームは時折メロウに歌い上げるなど、重厚感と疾走感に注目しがちな中でもキャッチーな節が随所で際立つところも印象的です。

#1は幕開けに相応しい徐々に盛り上がるイントロとメロデス然としたサビが耳に残るメロデスラッシュチューン。
打って変わって怒涛のスラッシュパートで疾走する#2、ネオクラシカルに引き倒し咆哮と共にウェット感のあるメロデスに雪崩込む#5、なぜかここへ来てシンフォ要素とKORNばりのダークなグルーヴ感を演出する#9、#10で聴けるメロディアスに急加速するソロパートは非常に好印象で、この曲に限らず他の曲でも出番は多いので、そのへんもスラッシャーにはありがたいところ。#13はライブですが、キャッチーでノリのいいカッコイイ曲です。

とまぁ、ピックすればなかなかいろんな手法から攻めてくる感じを受けましたが、メインの疾走パートでは思ったよりも曲展開が単調で#3#4なんかが似た曲に思えたり、と1枚通して聴くとそのバリエーションの少なさから、やや後半ダレてくる感じがありましたね。そのへんが払拭できれば、1曲1曲が強力なので今後も十分期待できるかと。

デスラッシャーのみならず、普段ニューブリード/エクストリームメタルを好んで聞く人なんかも意外にハマるかもしれないですね。オススメです。

Tracks
1.Mine For The Taking (3:52) 
2.Knights In Satan's Service (3:14)オススメ!
3.Such A Sick Boy (3:59)
4.The Supreme Butcher (2:57)
5.The Sun Never Shines (4:02)
6.See Them Burn (5:10)

7.Nightmare In Ashes And Blood (4:52)
8.He's Back (The Man Behind The Mask) (3:45)
9.Heaven Knows No Pain (4:45)
10.Hail The King (3:17)オススメ!
11.Killing Machine (Live) (5:46)
12.Public Enemy No. 1 (Live) (3:58)
13.So Grim So True So Real (Live) (4:30)オススメ!



(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。