HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adagio-Sanctus_Ignisアーティスト名:Adagio
アルバム名:Sanctus Ignis
ジャンル:ネオクラシカル/メロディックメタル
出身国:フランス

評価…★★★☆☆



Comments
フレンチネオクラシカルバンド、Adagio2001年リリースの1st。
なんて清々しいジャケなんでしょう。これでブルデスとか流れたらウケるのに(´ε` )

まぁ当然中身はそんな事は無く、流麗なキーボードラインと後方でキラキラと散りばめられたシンセアレンジをひたすら聴かせる清涼感タップリのメロディックメタルサウンドで、曲調自体は決して早くはないがソロパートで奏でられるネオクラシカルな旋律が非常に心地よく、まるで自分の濁った血が洗い流されるような感覚に陥ります(笑)

お決まりのような礼拝堂の鐘の音から哀愁漂うメロディアスな#1。伸びやかなヴォーカルの美声が曲の透明感に拍車をかけてますな。
#3ではポルカっぽいプニプニとしたイントロが印象的なシンフォメタルな1曲。
他にもミュージカルのように壮大な出だしからまったりとしたサウンドを聴かせる#4、長尺だが5分後半ぐらいに意味深な鐘と共に超テクキーボードをこれでもかと聴かせる#5、フックの聴いたメロディラインが際立つ#6はインスト。
タイトルトラックの#7は冒頭からネオクラ/メロディックメタル好きにはたまらないスピーディな展開とどこまでも高音へシフトするヴォーカルの巧さが素晴らしい曲。

とまぁ#9でその超絶テクニックを披露したり、#10でもシンフォに創り上げる世界観はネオクラシカルの範疇に収まらず壮大なシンフォメタルとしての完成度も高いと言えますが、疾走パートの少なさと個人的にこの手のバンドに求めるクサさが意外にも少なかったので、#7以外はあまりツボにハマりはしませんでしたね。
ただこのバンド、曲作りのセンスや技巧云々は申し分無いのでキラーチューンがあれば神盤と呼べる作品を量産しそうな魅力があります。

ということで、ネオクラ/シンフォメタルが好きなら押さえといて損はないでしょう。

Tracks
1.Second Sight (6:08) 
2.The Inner Road (5:47)
3.In Nomine... (5:05)
4.The Stringless Violin (7:02)
5.Seven Lands Of Sin (11:42)
6.Order Of Enlil (4:21)
7.Sanctus Ignis (4:09)オススメ!

8.Panem Et Circences (5:23)
9.Immigrant Song (4:57)
10.Nozama (4:25)
11.Stringless Violin (5:16)



(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。