HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sinergy-Beware_the_Heavensアーティスト名:Sinergy
アルバム名:Beware the Heavens
ジャンル:正統派/メロディックメタル
出身国:フィンランド

評価…★★★☆☆



Comments
ギターにアレキシ・ライホ(Children Of Bodom)とイエスパー・ストロムブラード(In Flames)を擁するフィンランド産正統派/メロディックメタル、Sinergy1999年リリースの1st。
メンバーに惹かれて買ったわけじゃありません!ホントです(;´Д`)!!

ということでメンバーから分かるとおりの良い意味でおおよそ予想のつくサウンドではありますが、In Flamesのようなタイトなリフの奏でる哀愁漂うメロディが涙を誘うアノ感じと、COBのアレキシ万歳なアノ感じとが混在するなかなかに贅沢でメロウな1枚。
それに前述2バンドの香りは漂うもののメロデスほどの疾走感と攻撃的なアグレッションはほとんど無く、ひたすら取っ付き易いメロディの上に女性Voキンバリー・ゴスの甘く伸びやかな歌メロが乗るというチョコレートの上にキャラメルをコーティングしたような喉が痛くなるほどの甘さが魅力的な仕上がりでございます。

いきなり今作の総括とも言えそうな彼ららしさが味わえる#1、無駄をそぎ落とし程良い疾走感とキャッチーなリフワークが際立つ曲。言うまでも無くギターソロはギュインギュインです。
他にもDark Moorを彷彿させるようなシンフォにマッタリと聴かせる#2、クサいメロディとこれまた流転しまくるギターソロがカッコイイ#4、か弱いキンバリさんのヴォーカルがバラードを一際物悲しい雰囲気にする#6、まんまCOBな#7もデス色を払拭し辺り一面お花畑に仕上げる中毒性を持つこのヴォーカルが際立っていますね。

なんかこの金針さんのヴォーカルは賛否両論あるみたいで、続く次作からだいぶパワフルになっているらしいのですが、個人的にはこのグラデーションのかかった独特の甘いヴォーカルが何故かツボ。フワーっとどこか遠くから聞こえて来る感じが、たまらなく愛しいのですよ。

ということで、「躍起だった」とか「切れ味鋭い」とかが全く不向きなサウンドですが、メロディ重視のメタラーなら押さえといて損は無いでしょう。あと、女性らしい女性ヴォーカルが好きな人にもオススメです。

Tracks
1.Venomous Vixens (3:16)オススメ!
 
2.Fourth World (4:23)
3.Born Unto Fire and Passion (1:47)
4.Warrior Princess (4:51)オススメ!
5.Beware the Heavens (3:55)
6.Razor Blade Salvation (4:58)
7.Swarmed (5:26)オススメ!
8.Pulsation (1:46)
9.Virtual Future (5:08)
10.Beware the heavens (demo) (3:52)


見た目パワフル過ぎ!(笑)

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。