HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Truculency-Eviscerate_The_Paraplegicアーティスト名:Truculency
アルバム名:Eviscerate The Paraplegic
ジャンル:ブルータル/テクニカルデス
出身国:アメリカ

評価…★★★★




Comments
アメリカ産ブルデス、Truculency2009年リリースの1st。
映画SAWを思わせる自傷ジャケが非常に痛々しく好感が持てます。バンドロゴのセンスも◎

肝心な中身はと言うと、そのジャケ・ロゴから想像出来うるブルデス好きなら安心のブルータリティと、デスラッシュ然としたスピーディに刻むスラッシーなリフが絡み合うブルータル/テクニカルデスサウンドで、随所で存在感バリバリに流転するギターサウンドを配置しグズグズの中にも浮遊感も若干感じられるところが特徴的なスタイル。

なんの脈略無く開始1秒からぶっ飛ばす#1、暴走パートと遅重パートとの急展開が非常に目まぐるしく変化します。暴走パートのタイトなリフが仄かにメロディを奏でるところがニクいですね。
アコギのインストを経て雪崩込む今作の中で最も長尺の#2、この曲も緩急の差が激しくOriginばりのテクニカルデスから急ブレーキでスラミングパートへ変貌する。
全体的にはこのSTOP&GOなスタイルを全曲に配置しているだけに、どの曲も似たような印象を受けたりするのですが、意外と#4では哀愁漂うメロディを奏でてみたり、尖りに尖ったリフを応酬する#5、#7#8でもカチっとしたギターソロをしっかり聴かせるセンスだったりと、汎用ブルデスには無い要素とも言えそうなキャッチーな節が多く聴けるので、後半になってもダレることなくアッサリと聴き通せました。

ただ、近年のデスメタル要素のほとんどを絡めていて曲調は非常に派手なのですが、反面テクニカルにまとまり無く発散する様が魅力と言えるので、真性ブルデスのみを求める人はやや肩透かしに合う可能性がありますね。

そのへんが気にならなければ、複雑なデスメタルが好きなら高確率でハマるでしょう。
ドツボでは無いが個人的にはデスラッシャーにも勧めたいところです。

Tracks
1.Eviscerate The Paraplegic (3:31) 
2.Presage Of The Troglodytic C-Section (6:02)オススメ!
3.Abhorrent Asphyxiation (4:12)
4.Fecal Covered Christ (5:39)
5.Intensive Fetal Desecration (3:23)オススメ!
6.Coagulation Of Engorged Seminal Fluids (4:57)
7.The Derivative (3:10)
8.Deformation Of The Virgin Mary (2:36)オススメ!
9.Scattered And Splattered (1:48)


音質もいいです。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。