HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In_Flames-Whoracleアーティスト名:In Flames
アルバム名:Whoracle
ジャンル:メロディックデスメタル
出身国:スウェーデン

評価…★★★☆☆




Comments
メロデス界の大魔神、イン・フレイムス1997年リリースの3rd。

メロディアスな節に重点を置き、正統派サウンドに歩み寄りを見せた今作。
正統派~という部分では次作の4thに通ずるところかと思いますが、今作はその4thに輪をかけてゆったりと重厚感も兼ね揃えた厚みのあるメロディを存分に聴かせるハートフルな1枚に仕上がっております。

#1はイントロから好きものなら一発でKOされてしまいそうなメロディをミッドテンポに垂れ流す曲。どこか懐かしいキャッチーなメロディが心を打ちますな。
#2は出だしこそ疾走感がありますが、歌が始まると同時にスピードダウン。
#5はこれぞイン・フレイムスと言える攻撃性のある尖ったリフが心地よいGOODな曲。これもさほど速度は無いが、思わずヘドバンしてしまうノリの良さも魅力です。
他にも、叙情メロディをツービートでゴリ押しするメロデススタンダードな#7、中盤のクサいギターリフがとにかくカッコよく個人的にもツボな#9、アーアーと遠くから聞こえてくる女性コーラスが奇妙な魅力を放つタイトルトラックの#11、ちょっと終わりの無音が気になります。。

という具合で、冒頭にも述べたようにとにかくメロウメロウのオンパレードで、反面速度をグッと落としひたすら「聴かせる」ことに重点をおいた1枚。
随所でメロパワやヴァイキングをも彷彿させるような猛々しいメロディも際立ってはいるので全曲通して安定感はあるものの、やはり攻撃的な節が非常に希薄になっている感が個人的には残念なところ。

ツービートで前のめり気味に疾走するパートや後半のギターソロでクソ弾きまくってくれたりと、そういうところからしてもオイラの求めるイン・フレイムスサウンドとしては完全に次作のほうに軍配が上がりますね。

リリース数の多い彼らの作品群の中では好みが分かれるところなので、メロディ重視なら3rd。スピード&メロディのバランス重視なら4th。という風に聞き分けてみてもいいのかもしれません。

Tracks
1.Jotun (3:55)

2.Food For The Gods (4:21)
3.Gyroscope (3:26)
4.Dialogue With The Stars (3:01)
5.The Hive (4:04)オススメ!
6.Jester Script Transfigured (5:47)
7.Morphing Into Primal (3:06) オススメ!
8.Worlds Within The Margin (5:06)
9.Episode 666 (3:46)
10.Everything Counts (3:18)
11.Whoracle (3:13)
12.Goliaths Disarm Their Davids (4:57)
13.Acoustic Medley (2:34)
14.Behind Space [Live] (3:39) 



(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。