HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Folkearth-Drakkars_In_The_Mistアーティスト名:Folkearth
アルバム名:Drakkars In The Mist
ジャンル:フォークメタル
出身国:-

評価…★☆☆☆☆




Comments
欧米11ヶ国から集結したフォークメタルプロジェクト、Folkearth 2007年リリース日本デビュー作となる3rd。
ひとまずメンバー30人という超大所帯ということに驚きです。
Forkearth-member
高校のクラス会でもこんなに集まるかどうか・・・。笑

メンバーはフォーク/ヴァイキングメタルだけには留まらず、中にはメロデス/メロブラバンドのメンバーもいるし、これだけ多国籍ともなると各国のフォーキッシュな要素がいい具合に絡みあうにも限界があるみたいで、良く言えば単なるフォークメタルの範疇に留まらない福袋的な、悪く言えば詰め込み過ぎとも言える仕上がり。
全体的に言えることは、疾走感が思ったよりも薄めで、帯に書いてあるようなヴァイキング色も舞台の上にはほぼ登場することは無かったですね。

#1はイントロからしてもサビのクワイアの力強さも含め今作で数少ないテンションの上がる曲。後半に向けての怒涛の暴走具合と絡み合う幽玄なメロディ、ヴォーカルもEquilibriumの前任Voを思わせる雄叫び具合でカッコイイ。
#4はピアノやフルートなどが際立っている曲で、意味深なメロディラインやフィメールコーラスの奇妙な感じがかなりEluveitieっぽい。

本編14曲+欧州版ボ3曲+日本版ボ1曲の全18曲もあるが、印象に残ったはこの2曲ぐらいで、曲タイトルにはそれなりにカッコイイ邦題もついてはいるものの、本人達は全く戦う気が無いらしく、戦前の宴などの陽気且つ不穏な空気を醸しだす曲ばかりが目立ちますな。

もっと戦え!
いや、その前に酒や松明は置いて剣を持てよ!!
と言いたくなるような、いつか再び#1のような疾走曲が流れてくると期待しつつも、その期待を裏切ったまま終わってしまう消化不良感満載な1枚。

Eluveitieあたりの深緑フォークメタルが好きな人はハマるのかもしれない。

Tracks
1.Before Battle I Embrace (3:58) オススメ!

2.Hoplites Awating Command (3:39)
3.Hugin&Munin (4:29)
4.Grimnismol(The Ballad Of Grimnir) (3:55)
5.Hogtid (2:17)
6.Sworn To The Raven (4:56)
7.Great God Pan (4:21)

8.Drakkars In The Mist (4:39)
9.Midgard Farewell (4:00)
10.De Tause Fjell (3:50)
11.If I Should Fall (2:25)
12.When Long Ships Arrive (4:22)
13.On Wings Divine (4:51)
14.Thunders Of War (2:57)
15.The Bane Of Giants (4:30)
16.Kingdom Of The Shades (3:59)
17.The Riding Of The Queen Boudiccea (4:37)
18.The Faun's Dream (2:19) 

次作には何人になっていることやら。。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。