HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/23
Golem / Dreamweaver

Golem-Dreamweaverアーティスト名:Golem
アルバム名:Dreamweaver
ジャンル:テクニカルデス
出身国:ドイツ

評価…★★★★




Comments
ジャーマンテックデスGolemの2004年リリースの3rd。
あーなんかロープレっぽいこのジャケー(*´∀`*)いやむしろ召喚獣っぽいー(*´∀`*)
って思ったのはオイラだけでは無いはず。

テクニカルデスと一口に言えども、BraindrillやOrijinなんかで聴けるような超絶技巧を全面に押し出したスタイルとは違い、曲調に急速変化する緩急をつけ不可解なリズムと艶かしいメロディでゴリゴリと押し進むプログレッシブな印象が強いテクニカルデスサウンド。
だからと言ってテクニックがそうでも無いのかといえばそういう訳ではなく、ストレートにツービートで攻め立てるパートもあれば、ブラスト全開で猛烈に疾走するパートもあり聴き応え云々は文句無いですね。独特に捻じ曲がったリフワークは結構独特でクセになれば意外とハマる中毒性があるかもしれません。

メロデスのような出だしからブラストビートの応酬が際立つ#1。グロウルとスクリームを行き来するアクの強いヴォーカルも存在感はあるものの、曲調のバックに仄かに美旋律がやんわり中和しているので非常にクリーンな印象を受けます。
#2はデスラッシュチューンでこの曲もドラミングが異常に速いですね。ただそれ以上にサビと思われるパートの劈くようなリズムが好印象。
他にもドゥーミーでズリズリと這いずりまわるような曲調の#4、熾烈なブラストビートの隙間を縫ってスラッシーなメロディが垣間見える#6、これまた尋常じゃない速さと今作の中でもかなりキャッチーなメロディが耳に残る#8#9、ここへ来てシンフォデスをお見舞いする#10も哀愁ただようメロディが心地良い。
#12の9分を超えるインストは、まるで一大絵巻を思わせるような緻密な曲作りとテクニカル要素が絡み合う完成度の高い曲で、できることならこの曲で終わって欲しかった感満載で#13へ繋がります。

ということで、13曲もあるのでボリューム云々は文句はありませんし、ドゥームデスナンバーを間に挟もうとも全体的な疾走具合から1枚とおしてダレてくる感じもほとんどありませんので、終始デスラッシュ然とした切れ味鋭いテクニカルデスを聴くことができます。
まぁ、そのひしゃげながらもクリーン過ぎる音質からブルータリティはほとんど感じられなかったので、デスメタルの「デス」の部分を強く求める人にとっては物足りないかもしれませんが、プログレデスが好きな人は押さえといて損は無いでしょう。

Tracks
1.Al-Ghanor (6:06)
2.Starchild (4:32)オススメ!
3.Remote Control (4:17)
4.Breeder (5:18)
5.Afterglow (4:30)
6.Rose (5:31)
7.Tomb (4:14)
8.Diaspora (4:49)オススメ!
9.Faces (4:44)

10.Tower (7:34)
11.Dreamweaver (1:32)
12.Le Sacre du Printemps (9:18) オススメ!

13.Mental Force (4:30) 

いや、ほんと#12で終わってほしかっ・・・・Σ(´∀`;)

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2014/03/28 00:05  kazz 
12曲目はタイトルどおりストラビンスキーの春の祭典。なかなかのアレンジだね

2014/03/31 22:23  へるび 
●kazz殿●
そうなんですね!存じ上げませんでした(^_^;)
どおりで。。笑


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。