HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winds_Of_Plague-Decimate_The_Weakアーティスト名:Winds Of Plague
アルバム名:Decimate The Weak
ジャンル:シンフォニックデスコア
出身国:アメリカ

評価…★★★★




Comments
アメリカはLA産シンフォデスコアバンドWinds Of Plagueの2008年リリースの2nd。
ジャケは完全に前作のほうがインパクト大です。
が、1stは聞いてません。今回が初聴です。

古き良きデスメタルを普段聴いている人間にしてみれば、「なんだシンフォデスコアって!デスメタルに洒落っ気なんていらねんだよ!!」と言われそうですが、確かに曲の随所散りばめられたシンフォ要素のお陰でかなり壮大に仕上げられているものの、極度のビートダウンから攻め立てるブルータリティのあるデスメタルパートも結構イカツい。
Voも低音グロウルと低音スクリーム主体なので、ブルータルなメロデスとして十分聴けます。

#1はこの手によくあるインスト。
んで継ぎ目無く軽快疾走する#2へ繋がる。それこそ早過ぎないメロデス言ったところで、中盤まではノリノリですが2分あたりから景色が一変。下げ過ぎ。笑
#4はまんまブルデスのような切り口から、やや中近東な香りを漂わせる曲。
#5はここへきてジャケのお侍さんが登場したのか和風テイストを絡める曲。なかなか面白い。
#7はハードコアチューン。このあたり、作品の中にあらゆる曲調が入り乱れている感じが実にデスコアっぽい。
#8は今作の中でもスピーディーな展開とピロピロ鳴るギターリフ、そして異空間を漂うようなシンフォ要素がいう塩梅で絡み合うキラーチューン。
#9#10も緩急がスゴイですね。はい。

てな具合で、とにかく曲調の入り乱れる様が劇的で、デスコアの多彩な手法とブルデスのモコッとしたグズリ具合との掛け合いが絶妙な塩梅で構成されているので、1枚通して聞いても最後まで新鮮味を保ったまま聴くことができるし、メタルメタルしながらもところどころ男性コーラスのOi要素も混じったりしてオーディエンスとの掛け合いもライヴ映えしそうでGOODです。
飽きればそれまでですが、このバンドのオリジナリティは十分感じられる仕上がりなので、ひとまず1stも聴いてみようと思います。

というわけで、メロデス・シンフォデス好きなら聴かない手は無いでしょう。オススメでっす。

Tracks
1.A Cold Day In Hell Anthems Of Apocalypse (1:14)
2.Anthems Of Apocalypse (5:47) オススメ!
3.The Impaler (3:02)

4.Decimate The Weak (3:38)
5.Origins And Endings (4:30) オススメ!
6.Angels Of Debauchery (4:33)
7.Reloaded (2:29)
8.Unbreakable(4:16) オススメ!
9.One Body Too Many (3:37)
10.Legions (3:49) 

ジャケのセンスを疑うがな。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。