HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deeds_Of_Flesh-Path_of_the_Weakeningアーティスト名:Deeds Of Flesh
アルバム名:Path of the Weakening
ジャンル:ブルータルデス
出身国:アメリカ

評価…★★★★




Comments
アメリカはカリフォルニア出身のブルデスバンドDeeds Of Fleshの2000年リリースの3rd。
意外なジャケはペイガンブラックとか奏でそうですが、今作もしっかり内部破壊型のブルデスをやってのけてます。

ザワザワとしたシンバル音が際立つドラミングとズモズモと低音域を意識したリフが水面下でテクニカル且つキャッチーに絡み合うニュースクールブルデスサウンド。
音の数は多いもののやや音像がハッキリしてないので、耳を劈くような印象は少ないですね。

邪悪なリフワークから開始する#1。足の長いリフからスラッシーリフまで聞かせる様が、一辺倒な中でも曲展開が非常に複雑な印象を持たせてGOOD。
#2は終始突進し続けるパワーチューン。これも随所でキャッチーな要素があります。
#3はタイトルチューンということもあり、冒頭に雨天決行遠足(?)のSEが挿入されてます。
ラストを飾る#9はモコっとした低音が際立つ遅重デススタイルで、ピッチシフトを使用しているであろうガテラルヴォイスとの塩梅が絶妙なキラーチューン。

とまぁ、端折りはしましたが#4~#8でも、全くブレない強固なブルデスが良くも悪くもひたすら垂れ流されているので、曲の区別はほとんどつかない拷問系の1枚かと。
ただ残念ながら音質がさほどよろしくないので、ドラムの打音がやや弱く聞こえるし、グロウルも遠めなのが低音域盛りだくさんなものの、全体的な迫力を抑える要因になってるかもしれないですね。

そういう意味でもアンダーグラウンド臭のプンプンする仕上がりなので、彼らの他作品が好きなら間違いなくハマるでしょう。

Tracks
1.Indigeneous to the Appalling (Mutinous Human) (3:50) オススメ!

2.Lustmord (2:41) オススメ!
3.Path of the Weakening (4:51)
4.Summarily Killed (3:32)
5.Sounds of Loud Reigns (3:27)
6.Execute the Anthropophagi (4:00)
7.I Die On My Own Terms (2:37)
8.Sense of the Diabolic (3:19)
9.A Violent God (3:30) オススメ!

けどやっぱりDeedsは大好きなので、★は甘め。笑

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2015/12/13 15:28   
このコメントは管理者の承認待ちです


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。