HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Breath Before Surfacing-Death Is Swallowed In Victory
アーティスト名:A Breath Before Surfacing
アルバム名:Death Is Swallowed In Victory
ジャンル:デスラッシュ
出身国:アメリカ

個人的満足度…★★★★★

-MEMBER-
DUSTIN CURTIS(Vo)
TREVOR GUNNING(Dr)
SCOTT WHISENANT(G)
JACOB GREEN(G/B)

-TRACKS-
1.Summoning The Lord Of The Pit (0:51)
2.Tr0llz (3:01)
3.Disharmony Among Choirs (4:24)
4.Ray Road (4:54)
5.Cosmetic Abomination (4:12)
6.Writhing (3:03)
7.Just What The Monster Ordered (4:07)
8.Looking Into The Sun Without Going Blind (4:20)
9.A Night In Terror Tower (3:03)
10.Trainwreck (4:20)
11.Death Is Swallowed In Victory (4:29)



~総評~
あーロゴが読めん。バンドロゴが読めん。
ジャケはよう意味が分からんがとにかくロゴが読めん。
じゃけ買お♪

つー感じでジャケ買いならぬロゴ買い。
アメリカ産デスラッシャー、ブレス・ビフォー・サーフェイシングの1st。

1stですが、コイツら何?すげーんですけど!!

(;◔ิд◔ิ)

もうね、2曲目の2.Tr0llzからハマリまくり。
激烈なブラストに高音のツインギターリフがとてつもない強力なハーモニーで大暴走。
んでもって結構テクニカルなんで、リピートリピート。耳から血が出るまで聴きましょう。


6.Writhing
どうなってんの。このリズムとリフ。
ブルータルじゃないけどほんと切れそうなぐらいエッジがたってますよ。ステキ過ぎ。


7.Just What The Monster Ordered
イントロはミッドなテンポで進みますが、この曲もかなりスラッシー。
スラッシーでもインフレイムスのようなメロリフが縦横無尽に張り巡らされております。
ボーカルももはや狂ってるようなスクリーモ+グロウル。チェーンソーでも持ってんじゃないすか。あー恐い恐い。


とにかく全曲スラッシュなリフ満載で、好きモノなら1曲でKOされてしまうほどのキャッチーさを持ちあわせてます。

あー好き。

言うことないね。



他サイトとかではデスコアに分類されている彼ら。
個人的にはデスラッシュとしか説明できないけど、最近のハードコアはこんななのか?

デスコアっつったら、ブリング・ミー・ザ・ホライズンとかスーサイド・サイレンスは持ってますが、そんなのとは次元が違う。つーかあんな「うるさければハードコアなんでしょ?」みたいなのはハードコアとは認めんしね。笑



確かにこのテの暴走デスラッシュは2nd以降、重~く遅~くなるパターンが多いですけど、ブレス・ビフォー・サーフェイシングだけはそうなりませんように。

の願いも込めて絶叫・悶絶の星5つ。

youtbe:9.A Night In Terror Tower


これを聴いて「あ、いいかも」と思った人。
恐らく、オイラと気が合うでしょうけど、友達は減るかもです。ご注意ください。笑



(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ ギャース

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。