HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Throne_Of_Chaos-Pervertigoアーティスト名:Throne Of Chaos
アルバム名:Pervertigo
ジャンル:フィンランド
出身国:メロディックデスメタル

評価…★★★☆☆




Comments
フィンランド出身のメロディックデスメタルバンドThrone Of Chaosの2002年リリースの2nd。
今はもう解散してしまっているらしい。

北欧独特の透き通った神秘的なサウンドと叙情性たっぷりのメロディとを掛けあわせた、これぞメロデスといった甘々なメロディックデスメタルで、基本的にはクリーンヴォイスで歌い上げるヴォーカルも含めてデス色はあまり強くない。
解散前の3rdではTOCと改名していたということもあって、COBの影響を色濃く映しだした音楽性と言えばそれまでですが、曲によってはまんまCOBっぽいところがあるものの、1枚通してみるとCOBのそれに比べると走り過ぎずしっぽりと聴かせる節も結構目立ちます。

#1はいきなりスラッシャーならテンションがカチ上がるスピーディなリフワークとツービートでゴリゴリ聴かせるスピードチューン。ノリが素晴らしく良い。
#2はメランコリックに奏でられるメロディとクリーンヴォーカルがいい塩梅で甘ったるいタイトルチューン。サビのコーラスとの掛け合いも心地よい。
#4はミッドテンポで物悲しいメロディが印象的で、キャッチーなサビのフレーズも耳に残ってよいですね。
他にも、キラキラ疾走キター!COBだー!と言わんばかりの躍起だった曲の#5、今度はDark Tranquillityを彷彿させるような透明感のあるシンセを織り交ぜたイントロからこれまたキャッチーなサビがノリノリな#6、#8は哀愁漂うメロハーでも奏でそうなバラード。
#9はまんまCOBです。
#10はご存知メタルゴッドのカバーで、総じてこの曲に全てが救われた感もあるオリジナルに忠実なNight Crawler。厚みのあるサウンドでやはりこの曲はイイ。というか原曲が素晴らしい。笑

ということで、欧州メロデスと聞いて想像し得るサウンドの範疇を著しく逸脱するほどの衝撃はありませんが、1枚通してさほど非の打ち所が無い随所随所でキャッチーな要素をばら撒き、聴き手の耳をグイグイ引っ張るなかなかクセのある良作と言えるでしょう。
他のメロデス勢のいいとこ取り感とも、中途半端ともとれるスタイルではありますが、メロデス好きなら押さえといて損はないでしょう。

Tracks
1.Johnny B. Dead (4:08) オススメ!
2.Pervertigo (4:09)
3.The System (2:30)
4.No Nothing (4:31)
5.Fistfucking & Alienseed (4:40)
6.Truth And Tragedy (4:37) オススメ!

7.Sleep (4:41)
8.Reason To Be (5:02)
9.Game (3:43)
10.Night Crawler (5:42) オススメ!

解散したのは惜しかったな。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。