HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The_Agonist-Prisonersアーティスト名:The Agonist
アルバム名:Prisoners
ジャンル:メロディックデスメタル/エクストリームメタル
出身国:カナダ

評価…★★★★





Comments
カナダはケベック州モントリオール出身のエクストリーム/メロデスバンド、The Agonistの2012年リリースの3rd。

基本はエクストリームメタルに通ずるような1曲の中で曲調が多様に移り変わるメタルサウンドで、ノリの良いメロディアスな世界観にフックの効いたキャッチーな要素をまぶしたスピーディな曲展開が気持ち良いメロデスサウンド。
音自体もさることながら、それ以上にやはりこのバンドで最も際立つのは見た目も素敵なアリッサ嬢の美声とその歌い方にあると言えるでしょう。
比較としてAmaranthを引き合い出されることもあるでしょうが、何よりアリッサ嬢の早口でテンポ良く歌い上げながらグロウルとクリーンを使い分ける魅力的なヴォーカルはかなり癖になります。

#1はアコースティックな出だしから20秒過ぎて強めに叩かれるツービートとテクニカルなギターワークがグイグイ主張する曲。
#2は前奏なんかそっちのけで潔く開始し、1:30あたりからのアリッサ嬢の早口ヴォーカルの絡み合う爆発的な疾走感がとにかくキャッチーでカッコイイ。
他にも、切れ味鋭いスラッシュリフのオンパレードな#3、やや速度を落としアリッサ嬢の美声を存分に聴かせる#4、まんまデスコアなゴリ押し感が心地良い#5#7、緩急をつけ攻撃的ながらも甘々な要素を随所で聴かせる#10なんかもこのバンドのカラーが際立つ曲ですね。

ということで、正直なところメロディ云々はさほど中毒性があるかと言えばそこまでの印象はありませんが、アリッサ嬢のヴォーカルがバンド自体のサウンドを一つ上のレベルに引き上げているような印象で、総じて緩も急も酸いも甘いをも凝縮し発散したパワフルなメロデスサウンドに仕上がっている。

スカッとしたい時なんかに重宝しそうな1枚と言えるでしょう。
メロデス・デスコアあたりが好きな方は是非。

Tracks
1.You're Coming With Me (5:36)
2.The Escape (4:09) オススメ!
3.Predator And Prayer (5:05)
4.Anxious Darwinians (5:24)
5.Panophobia (3:54) オススメ!

6.Ideomotor (8:07)
7.Lonely Solipsist (3:45)
8.Dead Ocean (6:20)
9.The Mass Of The Earth (4:40)
10.Everybody Wants You (Dead) (5:00) オススメ!
11.Revenge Of The Dadaists (6:44)
12.Jesters Rejoice Where Wise Men Weep (4:38) 

そろそろアンジェラ・ゴソウのポジションも危なくなってきたな。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。