HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Children_Of_Bodom-Holiday_At_Lake_Bodomアーティスト名:Children Of Bodom
アルバム名:Holiday At Lake Bodom
ジャンル:メロディックデスメタル
出身国:フィンランド

評価…★★★★




Comments
ご存知フィンランド産メロデスバンド、Children Of Bodomの2012年リリースの15週年記念のベスト盤。
ベスト盤なので例のごとくサクッとレビューです。

いつまでも若手な印象が拭いきれませんでしたが、いつの間にかデビュー15年ですか。
個人的には彼らの全ての作品を網羅しているわけでは無いので適当なことは言えませんが、さほど作品別で曲調が大きく変わる印象は無く、どの作品でもキャッチーなキーボードのキラキラ具合と現代のギターヒーローと名高いアレキシの速弾きギターた螺旋状に絡みあう彼らの音楽性は、こうやってベスト盤になろうとも違和感無く違和感無く聴けるとこがいいですね。
この嫌味の無いガナリスクリームももはや安心の域。

各方面で彼らの個別の作品レビューは参照してもらうとして、どの曲もクセにはなるがやはり個人的には#5。
冒頭のキーボードといい、徐々に加速しトップスピードと共にこのバンドの何たるかを知ることができる名曲。
それ以外にも佳曲揃いでセレクトもなかなか良い。

ということで、チルボドサウンドは不変的で飽きてしまえばそれまでですが、改めて聴いてみて、この大きく変わらない音楽性は、後に登場してくるバンドの音楽性を持って「チルボドっぽいな」と言う言葉で片付けられてしまうほど特徴的で、このキラキラギュインギュインサウンドは他に無いほどの強烈なインパクトがありますね。

メロデスのパイオニア的存在とまでは言えませんが、ひとつのスタイルを確立したこのバンドの15週年ベストアルバム。
未聴の方は今作から聞いてもいいと思います。オススメ。

Tracks
1.Hate Crew Deathroll (3:34) オススメ!
2.Shovel Knockout (4:03)
3.Hate Me! (4:45)
4.Everytime I Die (4:01)
5.Needled 24 / 7 (4:05) オススメ!

6.I'm Shipping Up To Boston (2:50)
7.Sixpounder (3:24)
8.Warheart (4:01)
9.Roundtrip To Hell And Back (3:47)
10.Trashed, Lost & Strungout (4:01)
11.Living Dead Beat (4:57)
12.Deadnight Warrior (3:24)
13.Blooddrunk (4:05)
14.Follow The Reaper (3:38)
15.Are You Dead Yet? (3:55)
16.Silent Night, Bodom Night (3:12)
17.Jessie's Girl (2:58)
18.In Your Face (4:16)
19.Angels Don't Kill (5:13)
20.Downfall (4:33) 

20曲もあったのか。

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2012/11/23 10:39  rogier 
COB、有名ですよね、私でも知っています、というかアルバムも1枚持っています。確か母国フィンランドでは何週か連続でチャートの1位にもなったんですよね、この手の音楽が広く受け入れられるなんてフィンランドってすごいですよね。ちなみに私の愛するTUMOURはオランダ産ですが、もちろんチャート1位になったという話は聞いたことはありません。

2012/11/23 23:48  Hell666 
●rogier殿●
COBは日本でもかなりの知名度なんで世界的にも成功した数少ないメロデスバンドかと思います。
ノルウェーでもKeep Of Kalessinが高い評価を受けていますし、メタルと名のつくジャンルに先入観抜きで中身で評価される国は素晴らしいと思います。

日本では考えられないですし、きっと向こう何十年もそんな日が来るような気がしません。笑



この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。