HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mortal_Decay-Cadaver_Artアーティスト名:Mortal Decay
アルバム名:Cadaver Art
ジャンル:ブルータルデス
出身国:アメリカ

評価…★★★☆☆





Comments
US産ブルデスバンド、Mortal Decayの2006年リリースの3rd。
なんか柱の男たちって感じ。
hashira1.jpg
違うか。

資料が少ないことからアンダーグラウンドなバンドではあるんでしょうが、それにしては音質もそこそこ良く、所々で聴けるブラストや正確に叩かれるドラミングの音の分離がいいので、迫力も勢いも感じられる良作。ギターは切れ味良くというリフでは無く、ズルズルと捻り潰されるような圧殺系で、ソロパートでは若干クラシカルなフレーズも聴けたりします。
ヴォーカルは何を喋っているか分かる程度のジャリジャリとしたグロウルが結構な主張具合で目立ってますね。

#1は短い映画SEを経てブラストビートとともに間近で歌われているかのような奇妙なヴォーカルが実に印象的な曲。
#2は速度の遅い冒頭から1分過ぎあたりから手数足数の多いドラミングが圧巻の曲。なかなかスゴイっすよ、コレ。
#3はDisinterを思わせるメロディアスなリフワークと強烈なブラストビートとの絡みが絶妙なキラーチューン。
他にも、随所でクリーンなギターフレーズを聴かせるもそれらを崩壊させるような轟音曲の#4、収録時間0:07という素敵な曲(音?)の#6、凄まじい速度で繰り出される強烈な曲ながらも歌メロが意外とキャッチーな#8、ラストの#10はドゥーミーでスラッジなスラミングインスト、フェードアウトがとにかく長い。

ということで、ブルデスのお手本とも言えそうな攻撃的且つ暴走具合が全面に出た作品ですが、音質のせいかおもったよりもドロドロ具合云々よりは、初期デスメタルに通ずるようなスカッとする潔さも感じられる1枚。

その分、デスメタルを死ぬほど聞いている猛者にとってみれば特にこのバンドの特色らしいものは見当たらない危険性を孕んではいますが、それこそ悪い点も見当たらないので、ブルデスが好きなら押さえといて損はないでしょう。

僅か7秒の曲があったとしても、無駄に長いSEや無音パートを含む作品を出すおかしなバンドに比べれば断然マシである。

Tracks
1.Consumation (4:22)
2.Cadaverous Sculptures Part I (3:56) オススメ!
3.Butcher Knife Phlebotomy (2:51) オススメ!

4.The Ravenous Addiction (5:56)
5.Cadaverous Sculptures Part II (5:31)
6.Morbid Fixations (0:07)
7.Re-Animate (5:25)
8.Ripped, Chopped, Severed (1:08)
9.Ruthlessly Scissored (3:21)
10.Exit Mortality (4:11) 

オイラは断然エシディシ派。

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。