HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト名:Cruachan
アルバム名: Folk-Lore
ジャンル:フォークメタル
出身国:アイルランド

評価…★★☆☆☆





Comments
アイルランド産フォークメタルバンド、Cruachanの2002年リリースの3rd。
が本当かどうかは不明。情報少なし。もう解散しているとかいないとか。

メンバー写真を見る限り、上半身裸で剣を振り上げる様は明らかにこの手のバンドにありがちなある意味様式美とも呼べるスタイルで、女性Voを配している面でも、今となってはスタンダードなメンツではあるのですが、パーカッションやマンドリンを用い、全体的に陽気に仕上げられたサウンドで、一聴するとメタルらしさ自体はかなり軽薄なものの、ギター音もそれなりに主張しているので意外とそれらの塩梅が心地良いフォークメタルサウンドと言える。

#1は陽気なオーディエンスの声かと思いきやところどころ戦闘シーンを思わせるSEを経てフルートの美旋律からノリノリのリズムに揺らされる曲。
#2はそのままの流れからギターの張り出したメロディが耳に残るインスト。
#3はややメロディックブラックっぽいダークな鬱メロディが印象的なスローテンポな曲。
他にも、アイリッシュサウンドとしてはお馴染みの盛り上がり曲#4、早口なヴォーカルとスピーディな曲展開で鬼気迫る仕上がりの#5、#6も元ネタを思い出せませんがよく聞く曲です。

といった具合に、フォーク/ヴァイキングメタルならお馴染みな曲から、カレン嬢の低くいい意味で不気味な語り口調の歌い方をフィーチャーした曲まで、全体的に盛り上がりながらもどんより暗がりにいるような雰囲気にさせる曲満載で、アルバムタイトルどおりのフォーキッシュ全開な1枚。

そのためテンションがぶち上がるようなことはありませんでしたが、意外にもインストも#2だけだし、後半にも派手な#10などを配しているので1曲1曲は長めなもののグダグダ感はありませんでしたね。
とは言えヘビィローテーションするほどのキラーチューンも見当たらないので可ものなく不可もなくと言ったところでしょうか。

フォークメタルが好きなら聞いといて損は無いでしょう。

Tracks
1.Bloody Sunday (4:15)
2.The Victory Reel (Instrumental) (1:21)
3.Death Of A Gael (5:39)
4.The Rocky Road To Dublin (3:08)

5.Ossian's Return (4:44) オススメ!
6.Spancill Hill (6:01)
7.The Children Of Lir (5:08)
8.Ride On (4:41)
9.Susie Moran (4:11)
10.Exiles (6:36) オススメ!

これもどういったタイミングで聴くべきか・・・

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。