HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/25
Deadlock / Wolves

アーティスト名:Deadlock
アルバム名:Wolves
ジャンル:メロディックデスメタル/メタルコア/エクストリームメタル
出身国:ドイツ

評価…★★★★★




Comments
ドイツ産メロデス/メタルコアバンド、Deadlockの2007年リリースの3rd。
Catameniaでもないのに狼ジャケとは何たることか!
いや、まぁ本家は最新作で狼ジャケやめたんですが。

正直なところ激安で手に入れた代物だけにあまり期待はしていなかったんですが、中身は凄まじい出来栄えで、怒涛のように畳み掛けるドラミングと、研ぎに研いだ切れ味鋭いギターリフとが交錯するスピーディなメロデスサウンドに女性ヴォーカルとが絡むキラキラメロデス好きの琴線に触れる仕上がり。
メロディ自体もオーソドックスだがキャッチーな要素が盛り沢山で言うことは無いし、ソロパートも充実している。嬢ヴォーカルとところどころデジサウンドを織り交ぜている点からイマドキ感はありますが、このテンションの高さは他に無いほどの中毒性があるかと。

#1は爆発音とかその類のSEで、そのままノンストレスで暴走100%な#2へ繋がる。Sabine嬢の美声がこの暴走パートにいい塩梅で絡む絡む。
#3はRammsteinかと思えるようなインダストリイな出だしから、やや速度を落とし秀逸なサビを聴かせてくれる曲。男性Voの野太いグロウルも◯
#4は打って変わってCradle Of Filthのような邪悪なメロディ主体のサタニックな曲。
#5はメロパンクですか?と言いたくなるほどキャッチーでポップなメロディが印象的な曲。
他にも、再度舵を取り直し重厚な曲の#6、Keyのキラキラ具合と低音域を意識したデジタルサウンドとの交錯が印象的な#7、インストの#9を挟んで正統派でメタリックなイントロからスラッシーなリフと共に畳み掛ける#10、#11のアコースティックなゴリゴリバラードはもはやメタルでは無いですが、ヴォーカルの甘い歌声がGOODですね。
#12は#3のClub Remix。久々にこの手を聴いたな。笑

ということで、あらゆるジャンルをメタルにぶっ掛けてミキサーで粉砕して、再度メタルのエキスを注入し圧縮したような中身の濃い作品で、1曲1曲の色味の差が大きいせいか、やや発散気味に曲が乱れているような印象を持ちますが、とにかく全曲に通ずる白目ひん剥いて突っ走りまくる曲調が疾走メタル好きにはたまらない出来と言えますね。

おまけに流行りの嬢ヴォーカル。

イマドキ感は好みじゃなくてもその範疇に留まらない高次元で練りこまれた一枚と言えるでしょう。オススメです。

Tracks
1.World Domination (0:48)
2.We shall All Bleed (6:05) オススメ!
3.Code of Honor (4:28)

4.Loser's Ballet (6:40)
5.Dark Cell (4:22)
6.Crown of Creation (4:50)
7.End Begins (4:38) オススメ!
8.As Words to Bullets (3:43)
9.Praeludium II (1:24)
10.Bloodpact (5:52) オススメ!
11.To Where the Skies are Blue (3:50)
12.Code of Honor (Club Remixxx) (4:27) 

でも好きなんでしょうが、Club Remixは必要かどうか・・

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2013/03/26 17:55  リヒター 
へるびさんがメロデス、メタルコア系に5つ星つけるのって珍しいですよね。

2013/03/28 21:57  へるび 
●リヒター殿●
そうなんですよ。
最初帯を見たときは「なーんだメタルコアか」ぐらいだったのですが、聞くと結構衝撃受けましたね。
テンションぶち上がりますよ★



この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。