HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト名:The Embraced
アルバム名:The Birth
ジャンル:メロディックデスメタル
出身国:ノルウェー

評価…★★★★★





Comments
ノルウェイジャンメロデスバンド、The Embracedの2001年リリースの2nd。

かねてから聴きたい願望を強く持っていたものの、今まで巡り合う事がなくこの度やっとのことでGETした1枚。
帯にメロデス最終兵器と書かれていますが、その名に恥じない「メロディックデスメタルとはこういうものだッ!」と終始体現させてくれる強烈な1枚。
必要十分な音質で奏でられるスラッシュリフレをベースにしながら、時折トレモロを織り交ぜながら艶めかしくも不気味に疾走する叙情メロディと、野太い咆哮とが絡み合う完成度の高いメロデスサウンドで、何よりしっかりスペースを確保してあるイントロやギターパートのお陰で曲は長めになってしまっているが、その分、ここ最近聞いた中では随一と言っていい程メタルしている仕上がりです。

#1のアコースティックなインストを経て繰り出される#2はいきなり10分を超える大作で、冒頭のキャッチーなリフとともにガナリスクリームが渦を巻く勢いのある曲。哀愁漂うメロディラインが秀逸。
#4はたっぷり前奏に時間をかけ聴き手を焦らし、トレモロリフとスラッシュリフで攻め立てるサタニックな曲。前奏のゾクゾクと盛り上がってくる感じが個人的にツボ。
他にも#6#7#8とキャッチーで危険な香りのする曲が並びながらも、際立っているのはラストチューンの#9で、前半3分はミッドテンポでゴリゴリ進行し、急遽テンポアップとともにいきり立ったリズムとメロディが押し寄せる曲。この曲も長いながらどんどん引き込まれていきます。

えぇ。とりあえず長いですよ。
単調な曲展開になりがちなメロデスで10分越えの曲というのはある意味拷問系になるのですが、このバンドはそれらを微塵も感じさせずに否応でも曲に没頭せざるを得ないようなセンスが非常に高く、どこまでも新鮮味と懐かしさを覚える出来栄えと言えるでしょう。

ということでかなりの良盤です。
自分の中では今まで聴いてきたメロデスTOP5に入りそうな勢いかと。
というかここまでのメロディとデスメタルという正反対なものをかけ合わしながらもヘヴィメタルの真髄がブレない硬派なサウンドは他に類を見ないぐらいの完成度だと言えそうです。

メロデス好きなら是非。
そうじゃなくても聴く価値あります。

Tracks
1.The Birth (Intro) (2:03)
2.A Path That Never Ends (10:34) オススメ!
3.The Beautiful Angels (5:44)
4.The Plague Divine (11:09) オススメ!
5.Apart (3:45)
6.Daughter Of The Lupus Moon (6:54)
7.Thymus (10:01)
8.Last Departure (9:21)
9.Song Of Death (8:50) オススメ!

youtube無しか・・・残念。

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2013/06/12 20:39  rogier 
欲しかったブツが買えた時のヨロコビは格別ですよね。それにしても試聴したかったデス。

2013/06/13 22:49  へるび 
●rogier殿●
かなり期待してその期待を裏切らなかったここ最近には無いヒットメロデスアルバムでしたね。
その分、是非聴いてもらいたい1枚でもあるのですが、ようつべありませんでした。。 ‎(;;'Д`;;)



2013/06/14 09:04  リヒター 
ノルウェーの良質メロデスということで、非常に気になってますが、ようつべに一曲も音源がないのが残念!

2013/06/17 20:29  へるび 
●リヒター殿●
ほんまそれです。
なんか他のバンドが引っかかるんですよねぇ(T_T)


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。