HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト名:Ravenous
アルバム名:Assembled in Blasphemy
ジャンル:デスメタル
出身国:アメリカ

評価…★★☆☆☆



Comments
米産デスメタルバンド、Ravenousの2000年リリースの1st。
元Autopsyのメンバーを元に結成されたバンドで、個人的にはBrutal TruthのDan Lilker氏がいるということで購入。

が、肝心の中身はというとそれこそSODやBrutal Truthほどの暴走具合は無く、ディストーションリフとツービートとが織りなすオールドスクールデスメタルサウンドで、ドゥーミーにのたうちまわるような展開と疾走パートとを繰り返すスタンダードな作風。
喉を痛めてしまいそうな中音スクリームはなかなかウェットで好感が持てます。

ジャケのアートワークそのまんまにゾンビ(?)の雄叫びが木霊する#1、そのままスピーディな曲へとシフトする。
打って変わって#2では宇宙っぽいSEからブルータルなミッドテンポな曲。ヴォーカルがかなり迫力ありますね。
そのまま#4#5とドロドロした曲が続き、その鬱憤を晴らすかのように#6では単調だが疾走感のある展開が良い。

と言ったように、曲展開はメンバーがメンバーだけにベテラン感が漂っては来るのですが、いかんせんドロドロ具合7:疾走感3のやけに雰囲気重視な作風なだけに面白いかというとそういうことは無く、普段ブルデスなんかを常に聞いている人間からすると3曲ぐらいでハイハイ...と曲を進めてしまいそうな、聞き飽きた感は否めません。

デスメタル初心者にうってつけな作品なのかもしれません。
ジャケはキャッチーで悪くは無いのですが。

Tracks
1.Shrieks of the Mutilated (0:49)
2.Dead, Cut Up and Ready to Fuck (2:22)
3.Orgy in Dog's Blood (4:36)
4.Feasting from the Womb (2:26)
5.Keep My Grave Open (6:31)
6.Assembled in Blasphemy (2:40)

7.Perverted Before God (3:35)
8.Hallucinations of a Deranged Mind (3:40)
9.Ageless Existence (4:01)
10.Annointing the Worms (1:06) 

まぁ、うん、そういうことだから。。

(✿´∀`✿)ノ

コメント

2013/09/11 15:34  rogier 
最近はこんな音が結構好きなんですよね。
前進してるのか後退してるのかはたまた空中で一回転してるのかよく分かりません。
そうは言いながらゴアしか買ってませんが。

2013/09/11 20:53  リヒター 
ジャケは凄いカッコイイと思います。

2013/09/12 22:07  へるび 
●rogier殿●
一周してオールドスクールデスメタルに戻ってきたって感じですかね?
私は今まだブルデス一直線です ‎(;;'Д`;;)


2013/09/12 22:08  へるび 
●リヒター殿●
ゴアでもおかしくないジャケですよね☆
バイオハザードまんまとも言います(´∀`)



この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。