HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト名:Mithotyn
アルバム名: Gathered Around The Oaken Table
ジャンル:ヴァイキングメタル
出身国:スウェーデン

評価…★★★★




Comments
スウェデッシュヴァイキンガーMithotynの1999年リリースの3rd。

前作までの強いペイガンサウンドから一変、重厚感のあるギターや迫力のあるドラミングを主体とし、猛々しくキャッチーなメロディーラインを全面に押し出したこれぞヴァイキング!と言わんばかりの高品質な仕上がり。
サウンドプロダクションがかなり向上しているので、ファストパートでのやたら忙しそうな節や、打って変わって哀愁のあるミッドパートとの緩急が随分と際立っていますね。
合間合間に入っている男性コーラスの男臭さもバッチリハマってます。

#1は陽気なサウンドと共に、1分過ぎた当たりからのガナリスクリームこれからの戦いの日々を予感させるような曲。
#2は冒頭こそ前曲の流れを汲んだミッドテンポから入りますが、歌い出すと共にハイテンションで暴走するスピードチューン。
#3はキャッチーなメロディラインが印象的な曲で、迫力満点のドラミングも必聴な曲。
#4は男性コーラスとの掛け合いからの高速ブラストが素晴らしい曲。
他にもスラッシーなリフからのファストパートへの雪崩れ込みがカッコイイ#7、ミッドテンポながら中盤〜後半にかけての哀愁メロディが耳に残る#9、ラストの#11ではクリーンヴォーカル主体でオーソドックスなヴァイキングメタルを感じさせる曲で締めです。

とにかく前作とのギャップがかなりある出来映えなので、前作のアンダーグラウンド感満載なペイガンメタルを好み人にとっては残念以外の何物でもありませんが、個人的にはサウンド、力強さ、キャッチーさ、全てにおいて今作が好みですね。

反面、ヴァイキングメタルとしてはそこそこと評価される恐れもありますが、特に悪い点も無いので、ヴァイキンガーなら納得なのでは無いでしょうか。

Tracks
1.Lord Of Lionhead (5:11)
2.Watchmen Of The Wild (5:15) オススメ!
3.In The Clash Of Aons (6:39)
4.Hearts Of Stone (4:55) オススメ!

5.The Well Of Mimir (4:38)
6.Chariots Of Power (5:55)
7.Nocturnal Riders (3:07) オススメ!
8.The Guardian (4:40)
9.Imprisoned (4:34)
10.Guided By History (6:31)
11.The Old Rover (3:45) 

トロール?

(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。