HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Misery Index-Heirs to Thievery
アーティスト名:Misery Index
アルバム名:Heirs to Thievery
ジャンル:デスメタル
出身国:アメリカ


個人的満足度…★★★★

Member
MARK KLOPPEL (Vo/G)
JASON NETHERTON (Vo/B)
SPARKY VOYLES (G)
ADAM JARVIS (Dr)

Tracks
1.Embracing Extinction (1:50)
2.Fed To The Wolves (3:47)
3.The Carrion Call (3:47)
4.Heirs To Thievery (2:54)
5.The Spectator (3:04)
6.The Iluminaught (3:55)
7.The Seventh Cavalry (4:45)
8.Plague Of Objects (3:08)
9.You Lose (2:31)
10.Sleeping Giants (2:57)
11.Day of the Dead (1:55)
12.Devil's Onion Ring[Bonus Track] (9:11)

Comments
アメリカ産デスメタル、ミザリー・インデックスの2010年リリースの4th。目下最新作。
3rdは結構評判だったらしいのだが、個人的にはイマイチな印象。なんと言っても名前負けしてる感が否めなかったのだが、今作で急激な進化&深化しており耳から脳ミソ出てくる勢いでっせ。

爆撃開始の1st。デスラッシュのようなエッジ立ったリフと激烈ドラミングで一発KO。これがあのミザリー・インデックスかと思うくらいの激化。2曲目もダイイング・フィータスのようなテクニカルギターが印象的のこれまた爆撃チューン。音質も良好なので殺気立ったドラムの一打一打がハッキリ聴きとれる。もうね、殺傷能力云々っつーか、もう爆弾投下で木端微塵っすわ。
異常の中でさらに異彩を放つのは6曲目。人間業とは思えない高速ブラストと激速バスドラとそれらの混ざり合った独特のリズム、リョウ・サカザキの龍虎乱舞を音をするときっとこんな感じになるんだと思うけど、誰も分からないだろうから今の件は無し。笑
ブルデスほどネッチョリ感は無くギターの歪み具合も少なめ。さらにヴォーカルもデスの手本となるような低音グロウルと、デスメタルの基本をキッチリと踏まえつつそれらを技巧を勢いで激化した、ミザリー・インデックスの今までのリリースの中で間違いなくNo1だと個人的に思ってます。オールドスクール/ニュースクール/ブルータル/テクニカルデスメタルが好きならオフコースでハマるでしょう。

ちなみに12曲目はボーナストラックだが音無しのただの会話。「ミザリー・インデーックス!うーじゃぱーじゃ」をひたすら繰り返すボーナスでも何でもない悪ふざけです。笑


Recommend
6.The Iluminaught (3:55)
↓↘→↘↓↙←+Pで龍虎乱舞。オマケに→←↙↓↘→+Pが覇王翔吼拳。


Youtube
4.Heirs To Thievery

ライヴ。画質クソだがテンションあがる。


(✿´∀`✿)ノ アワテルナ!

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。