HELL VISION

かわいい娘とちょっとだけデスメタル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deeds Of Flesh-Crown of Souls
アーティスト名:Deeds Of Flesh
アルバム名:Crown of Souls
ジャンル:ブルータルデス
出身国:アメリカ


個人的満足度…★★★★

Member
ERIK LINDMARK (Vo/G)
JACOBY KINGSTON (Vo/B)
MIKE HAMILTON (Dr)

Tracks
1.Crown of Souls (5:22)
2.Medical Murder (4:46)
3.Hammer Forged Blade (5:13)
4.Forced Attrition (4:02)
5.This Macabre Fetish (3:58)
6.The Resurrected (5:17)
7.Incontestably Evil (4:04)
8.Crimson Offering (5:21)
9.Caught Devouring (4:26)

Comments
アメリカ産ブルデス、ディーズ・オブ・フレッシュの6th。ブルデス界隈では有名どころだろうが個人的に聴くのはこれが初めてだったりする。広島での流通はほぼゼロなんじゃないだろうか。
ネット購入だが数ある彼らのCDの中でカッコイイジャケを選んでみた。よくよく見るとそんなにカッチョよくは無かったが中身は大正解♪

悲鳴のコダマする中からガテラルの喋りから始まるファースト&タイトルチューン。スネアの高音が際立ったトコトコブラストとフルダウンチューンのミミズリフ。もはや問答無用のブルータルデス。ERIKのガテラルヴォーカルも低さこそディヴァウアメントほどでは無いが強烈な印象を放つ。ちなみにGとBのツインヴォーカルは2人ともガテラルグロウルでどっちが歌っているとかは区別つきまへん。
シャキーン!と何が鳴っているのか不明だが日本刀のような異音が挿入されているのは3曲目。ありがちっちゃありがちなブルデスサウンドの中で鈍い光と共に殺傷能力を向上させてますな。意外と細部にコダワリを感じることができるGOODな曲。

とにかくインストとかの中だるみ箇所は無し、全曲すべてでひたすらトコトコブラストを配すただただ外へ拡散していく核兵器のような1枚。音質も良好だし、別段これといって悪いとこが無く圧倒的な低音が洪水の如く押し寄せる傑作かと。ディーズ・オブ・フレッシュのすべてのCDがそうなのかこの1枚だけそうなのかは不明だが、ディキャピテイティッドやダイイング・フィータスなどテクニカルで低音重視な激烈ブルデスが好きな人にオススメ。

他の作品チェキラしとこーっと。


Recommend
3.Hammer Forged Blade (5:13)
サムスピで聞いたことあるかも、このシャキーンって音。

Youtube
1.Crown of Souls

ね、ヴォーカルの声一緒でしょ。笑


(✿´∀`✿)ノ

コメント


この記事に対するコメントの投稿





Counter

Profile

へるび

Author:へるび
最近欲しているもの
・記事を書く時間(すんません)

Category

New
Archive

Comments
Tag

History

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。